*

交際クラブのバイトはエスコートに始まる

 

http://womanmajesty.com/

 

海外ではレディーファーストが当り前で、ドアを通る時、椅子に座る時、車に乗り込む時に女性をエスコートスするのが当り前です。

女性の機嫌を取ることが男性の風習としてはじまり貴婦人に対して奉仕するという騎士道の精神が確立したローマ時代とされ、恋愛術や口説きの手法として始まったものです。

女性の手を持ってあげたり手を置く場所を作ってあげたりするのは紳士の基本マナーです。

淑女や貴婦人を優先する欧米のマナーや習慣は今は日本では当り前になっています。

 

そのようなエスコートが出来るのが交際クラブに登録をしている真摯な男性になります。

もてなされる事を心地よく感じる女性が多くなっている事も影響しています。

レディーファーストのエスコートをされたいのであれば交際倶楽部の男性が一番ふさわしくプラスアルファで経済的な支援まで付けてもらえます。

デートの帰り際には封筒に入ったお礼をそっと手渡してくれるのでその点もエスコート男性の紳士な所が出ています。

交際クラブの男性はフォローがとても上手く問題が起きても自己の解決能力がすごいのでお互いの行き違いが起きてもすんなりといきます。

 

ここまで出来るのは心の余裕と経済力とレディーファーストが慣れている男性でないと務まりません。

これらのすべてを交際クラブの男性は出来るので女性をもてなす気持ちは普通の男性以上のものがあります。

幅広い年代や職種の人が集う交際クラブを利用するとき、異性会員からの好感度を得ようと思うのであれば男性はスマートなエスコートができるか否かにかかっています。

女性会員と食事に出かけた場合、店内に入るときに扉を開けてあげるのはもちろん、席に座るときには椅子を引いて上げるのは普通で会話も主導権は女性に持たせる心がけをしましょう。

女性は男性にエスコートをしてもらいたいという願望を持っています。

交際クラブを利用している女性は年上男性に対してレディーファーストのエスコートを期待しているケースが多いです。

デートの最中は常に女性に華を持たせてあげるのがいいです。

印象がよければ次回のデートにも応じてくれるようになります。

気に入った女性との距離を縮めることが可能となります。

タグ :


コメントする